プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

平成16年 9月 1日制定  平成19年 4月 1日改定

社会保険労務士 小林新治・事務所 所長 小林 新治

社会保険労務士 小林新治・事務所は、(以下、当事務所)は、主事業である社会 保険労務士業務を実施していくうえで、個人情報の保護が重大なテーマであると認識し、当方針を制定 し全職員に周知徹底するとともに確実に実行いたします。

1. 当事務所の個人情報保護方針の目的

(1) 確実な個人情報の保護を実現し、お客様への継続的な安心を提供します。

(2) 確実な個人情報の保護を実現し、職員への継続的な安心を提供します。

2. 個人情報の取扱いについて

当事務所は、個人情報の取扱いにつき、業務実態に応じた個人情報保護のための管理体制を確立するとともに、 事務所内規程に従い適切かつ慎重に取り扱います。

(1) 個人情報の収集について

なお、当事務所で取り扱う個人情報の収集目的は以下のとおりです。

・お客様情報の収集目的:社会保険労務士業務

(労働保険事務組合より業務委託された部分を含む)

・職員情報の収集目的: 人事、労務管理全般のため

(2) 個人情報の利用について

個人情報を利用する際には、お客様及び職員が同意を与えた収集目的の範囲内のみで利用いたします。

(3) 個人情報の提供について

個人情報を第三者に提供する際には、お客様及び職員が同意を与えた収集目的の範囲内でこれを行います。 なお、提供を行う場合は、社会保険労務士法に基づく法律により必要とされる場合又は、事前にお客様及び職員に事前の承諾を いただいてから行います。

(4) 個人情報の預託について

当事務所は、責任もって業務を行うという主旨から業務を外部の第三者に委託いたしません。 したがって、個人情報を第三者に預託することはありません。

3. 安全対策の実施について

当事務所は、個人情報の正確性及び安全性を確保するために、情報セキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、 個人情報への不正アクセス、または個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等を確実に防止いたします。 また、内部監査の結果、セキュリティ事故の実例ならびにお客様及び職員からの要望等により改善が必要とされたときには、速やかにこれを 是正いたします。

4. 法令・規範の遵守について

当事務所は、確実な個人情報保護の実現のため、社会保険労務士法、個人情報保護法、日本工業規格「個人情報保護に関する コンプライアンス・プログラムの要求事項」、(財)日本情報処理開発協会「プライバシーマーク制度」、その他関連法令を遵守いたします。

5. コンプライアンス・プログラムの継続的改善について

当事務所は、内部監査や事業の代表者によるコンプライアンス・プログラムの見直しの機会を通じてコンプライアンス・プログラムを 継続的に改善し、常に最良の状態を維持します。

6. お客様及び職員の権利の尊重

当事務所は、お客様及び職員の権利を尊重し、お客様及び職員から自己情報の開示、訂正・削除、または利用もしくは提供の拒否を 求められたときは、確実に応じます。(連絡先は下記のとおりです)

7.苦情及び相談

苦情及び相談を求められたときは、確実に応じます。(連絡先は下記のとおりです)